2014.6/01 学会発表

弊社がお請けさせていただきました臨床試験の結果(掻破行動計測)を発表でお使いいただきました。ありがとうございました。  

2014年6月1日 第113回 日本皮膚科学会総会 ランチョンセミナー27 

共催:協和発酵キリン株式会社様 

アレルギー皮膚疾患の治療戦略「アトピー性皮膚炎の適切な治療を再考する ~抗ヒスタミン剤は痒みを抑える事は可能か~」 

三重大学医学部 皮膚科学講座 准教授 山中恵一先生

20140601

Pocket