④機能性の根拠(臨床試験の場合)

 臨床試験と研究レビューから選択出来、臨床試験についてはUMIN(大学病院医療情報ネットワーク = University Hospital Medical Information Network)への臨床試験登録及び査読員付き論文投稿が必要となります。UMINでは研究・教育・診療・病院業務等のサービスを提供しており、臨床試験登録システムを使用します。論文投稿の査読員とは、論文の掲載の妥当性を審査する専門家を指します。

 臨床試験の方法としては、先ず計画を作成し、次に倫理審査を受けると共にUMINに計画を登録、そして被験者様を募集して被験物質の摂取開始、定期的に問診・測定・データ解析をして考察作成の上、最後に論文投稿となる。臨床試験の摂取期間・測定項目・被験者数は、摂取する物質と測定項目によって変化するため、計画作成時に入念な検討が必要である。臨床試験を実施する事により表示出来る機能性の文言が直接的になる等のメリットが有りますが、臨床試験の計画・実施から論文掲載まで約1年かかります、臨床試験実施以外の選択肢である研究レビュー(後述)よりも期間がかかる事をご留意願います。

Pocket